×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

豊胸手術について

豊胸手術には「豊胸バッグ」といわれる人工乳腺を胸部に挿入するのが一般的です。その時出来たキズは、時間がたてば目立たなくなります。
豊胸手術で豊胸バックを入れる場所は、一般的に2か所――つまり乳腺の下にある大胸筋の下と、大胸筋の上の乳腺下です。豊胸手術で豊胸バッグを挿入するには、ワキの下のシワに沿って、目立たない部分を最小限切開して挿入します。
痩せていてバストが小さいひとには大胸筋の下にバッグを挿入する方法が向いており、ある程度バストにボリュームがある人には乳腺下にバッグを挿入する方法が向いているようです。
整形にもいろいろありますが、バストの小さな女性にとって一番関心があるのは、やはり豊胸手術ではないでしょうか。

豊凶手術のいろいろ

豊胸手術でもっとも一般的なのは「豊胸バック」を用いる方法です。クリスタルバッグは耐久性に優れていますが、バイオセルバッグやCMCジェルバッグに比べると、やや感触は硬く、仕上がりの感触は劣るようです。バイオセルバッグはシリコン製バッグですが、シリコンが液状ではなく流動しないコヒーシブタイプで、耐久性に優れています。
CMCジェルバッグは、医薬品や食品の原料としても使用されている物質「カルボキシルメチルセルロース」を使用したバッグです。豊胸手術で用いられる「豊胸バック」にはいろいろな種類があり、大きく分けて3つのタイプがあります。
豊胸手術は身体にメスを入れるので、バッグ選びも慎重に検討した方がよいでしょう。これを胸部に挿入します。
豊胸手術にはいろいろな方法があります。「バイオセルバッグ」「CMCジェルバッグ」「クリスタルバッグ」の3つです。

豊胸手術とヒアルロンサン

豊胸手術を受ける人の希望により、目指すバストラインから、ヒアルロン酸の種類や注入量、注入部分を決定します。ところで最近では、「豊胸手術で身体にメスを入れるのは嫌だ」という人のために、ヒアルロン酸を用いた豊胸手術がでてきました。
この場合は、ワキの下のシワに沿って目立たない部分を最小限切開し、豊胸バッグを挿入します。これは胸にヒアルロン酸を注入して形や大きさを整える、最新式の豊胸法です。
ヒアルロン酸を用いた方法では、何といっても傷跡の心配がありません。ただしバストに注入するヒアルロン酸は、2年から3年で体に吸収されるので、その点は注意が必要です。
整形の豊胸手術にはいろいろな方法がありますが、一般的には「豊胸バック」を用いる方法が多いです。

Copyright © 2007 豊胸手術マスターあなたも豊胸したくないですか?